ドレスコーディネーターとは

cd4984167dec1dea3692dad41a92f2a5
結婚式に関連する仕事として、ウェディングプランナーという仕事は何となく知っていても、ドレスコーディネーターという仕事に関してはなかなか理解できていないことが多いと思います。
実際ドレスコーディネーターという仕事はどのようなことをするのでしょうか。
結婚式を挙げるにあたって、どのような役割で関係してくるのでしょうか。
結婚式は多くの人との関わりで成し遂げる、一大イベントです。
一生の思い出に残るイベントには、どのような人が関わりどのような役割を担っているのかを理解することで、喜びや感動をより感じるでしょう。
また、ブライダル業界で活躍したいと考えている方も最近では増えてきて、ブライダル関連する仕事について知識を持つ人も増えてきています。
そのため、結婚式に関係する仕事について学んでみましょう。

仕事内容

ドレスコーディネーターは、名前から想像できるように結婚式で着用するウェディングドレスや新郎の服装をコーディネートする仕事です。
ドレスひとつだけで、結婚式の雰囲気は大きく変わり受ける印象も大きく変わってきます。
そのため、新郎新婦の要望を受けるのは当然ですが追加してプロとしての意見も重要になってくるのです。
結婚式の雰囲気にそぐわない衣装だと、晴れ舞台なのに違和感の残るものになってしまいます。
ドレスコーディネーターは結婚式のクオリティを支える仕事とも言えます。
また、ドレスコーディネーターは衣装のコーディネートだけではなく、へスタイルやメイク、アクセサリーなどの小物もコーディネートしていきます。
ドレス以外の知識も必要になり、業務範囲も以外と多岐に渡るのです。

>>ブライダル業界の求人を見てみよう

必要なこと

コーディネーターとして活躍するためには身につけておかなければならないことや、必要な能力がいくつか存在します。
まず、ファッションというものは常に変化し続け、今最先端の流行は半年後には古いものになってしまいます。
非常にサイクルの早い分野なので、常にファッションを学び続け時代についていかなければなりません。
よって、積極的に学ぶ姿勢がドレスコーディネーターには求められます。
さらに、衣装をコーディネートするのでファッションセンスが必要になります。
そのため、ファッションが好きでなくてはなりません。
新郎新婦が結婚式で輝くために、挙式の雰囲気を考えトータルコーディネートを考えるにはたくさんの知識やセンスが必要となります。

まとめ

ドレスコーディネーターという仕事は、新郎新婦の衣装のトータルコーディネーターのみならずヘアスタイル、メイク、アクセサリーまでトータルプロデュースします。
以外と仕事範囲が広く、知識がなければできない仕事ともいえます。
ファッションは常に変化し続けるため、積極的に流行を学ぶ姿勢が何よりも大切になります。
そのため、ドレスコーディネーターはなるよりもなった後の方が、学ぶことが多いのです。
人の一生の思い出に残るイベントを支える仕事でもあるので、やりがいのある仕事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする