ドレスコーディネーターのやりがい

takahashi_4
ドレスコーディネーターとしてのやりがいは、人によって異なりますが、人の人生に一生残る思い出のサポートができる仕事という点にあるでしょう。
他の仕事では味わえないような喜びや感動を味わうことができます。
そのため、仕事に対してやりがいや誇りを持ちたいと考えている方にとっては、合っている仕事と言えるでしょう。

志したきっかけ

ドレスコーディネーターを目指す人の多くは、ブライダル業界へ強い憧れを抱いている方が非常に多いです。
自分も結婚式という場で同じように華やかに活躍したいという憧れから、ブライダルコーディネーターやドレスーコディネーターを志すのです。
ドレスコーディネーターの方は、ブライダルへの憧れのみならずファッションへの興味も強く持っている方が多いです。
そのため、ドレスコーディネーターはブライダルとファッションの両立ができる環境です。
女性にとっては、非常に憧れの強い仕事でしょう。

やりがい

ドレスコーディネーターのやりがいは非常に多く存在します。
結婚式を無事終えることができ、新郎新婦の笑顔を見ることができると何よりもホッとし、次も頑張ろうという気持ちが湧いてきます。
また、イメージ通りに結婚式が成功した時に言われる「ありがとう」には、喜びもひとしおです。さらに、改めて初心を忘れずにしっかりと新郎新婦や結婚式にマッチした衣装を提案しようとという思いが再燃してきます。

まとめ

ドレスコーディネーターは、非常に人気の高い仕事です。
それは、ブライダルとファッションが融合した部分で働くことができるからです。
ブライダル業界は、女性にとって憧れの場所でもあり自分も同じように華やかな現場で働きたいと熱望する方が多いのです。
さらに、結婚式にはドレスをはじめとする衣装が不可欠なため、ファッションに特化した仕事がドレスコーディネーターなのです。
しかし、意外と泥臭く体力を必要とする仕事ですが、その分やりがいが多く、誇りを持てる仕事とも言えます。
そのため、仕事にやりがいを求めている方にとって、非常に働くのが楽しい環境と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする